男はなんで産まれてきとるかと言うたら、女を守る為に生きてきとんよ!それは男に生まれてきた役目やから。
女はなんで産まれてきとるかと言うたら、男を支える為に生まれてきたんよ。お互いに役割があって生まれてきとんよ?
ほやけん、男は言うたことをとことんやる!守りたいもんがあるやけん!!なんがあっても女は守らないかん。
ほやけん男って言うんは、女より力があるんよ、女を守る力があるんよ。
その分女は男を立てて、支える力があるんよ。
ほやろ?だって自分だけ守ってもらうんは嫌やけん。
ほじゃけん女って言うんは、男より愛があるんよ。
男を愛しぬく力があるんじゃけん。
これは不思議なこと。ほやろ?互いが居らな生きていけんし。
じゃけん…男と女は一緒に居るべきなんよ。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

ねぇ、君は不思議に思った事は無いのかい?どうして世界は在るのか。どうして、人は他者を犠牲に出来るのか。
そして、逆に犠牲にせずに他者を助ける人間がいる。その差はどこから来ているのか。実に興味深い。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

天国とはどういう所なのだろう?地獄とは?この問いに、答えを持ち合わせている人は居るのだろうか?
そもそも世界として認識出来ている世界で十分じゃないのか?興味は尽きないが。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

この世の中にどれほどの真理があるんだろうね?そもそも真理とは何か?それを知る為の哲学だ。
哲学を学び統計させるのも学者らしいが、私に言わせればそいつも邪道だ。真の哲学とは言えまい。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

意識や何かを取り沙汰しているけれどもそもそも世界とは?自分が何故いるのかと考えて見ないかい?
そうすれば何か新しい物が見つかるかも知れないね。だとしたら、思考は贈り物なのだろう。僕たちへのね♪
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

書き手、読み手、台詞。これらをつなげて行くのは何者か?
それを思考するのが今回の企画で有り、真髄だ。
さて、これを哲学的だと思わずして何を哲学という?
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

知識とは何か?そもそも、自分という意識であっても分からないことが多いのに、この世のことを理解できるとは思えない。
されど皆その事を忘れたかのように生きている。不自然だと思わないか?皆、この世の不思議の方が気に入っているらしい。
嘆かわしい物だ。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

生きる意味と死ぬ意味、それらは何故必要とされているのか?
生きる意味が無く生きている人間と、意味を持ち生きる人間の差とは何か?
死に意味を見いだした者、見いださなかった者、その差は何か?
それを思考するのもまた一興。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

生と死、哲学というとこれが良く取り沙汰されるけれど、それ以外にも哲学的に考える事柄はたくさんあると思うのだよ。
たとえば、知識について。自分という意識について。そら、段々色々不思議に思ってきただろう?
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

月明かりが照らす夜はもの悲しくも幻想的だ。古来より月は不思議な力があるとされてきた。
それは何故か?その理由を解き明かしてみたいと思うようになり考え出したのはいつからだったか……。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。