兄さん...おれ...おれ...やめようと...思ってたんだ...やめようと...
なのに...あの感覚が...頭から離れなくて...止められなかった...体が勝手に動いてたんだ...
気がついたら...手が...赤く染まっていて...辺りを見ると...人が...人が沢山倒れてた...
僕は、怖くなってその場を逃げたした...
... "100846" を続けて読む
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

庭で猫が池に手を伸ばしている姿が見えた 
僕は文机に肘をつき眺めていると猫は一瞬体を震わせ毛を逆立てると寸毫の間にどこかに行った 
ふと後ろを見ると担当さんが立っていた 「先生、書き物は進みましたか?」 
今日書いた枚数はまだ1枚にも満たない 担当さんの輝く瞳が心に痛い。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

兄さん、また女の子連れ込んで……また僕に盗られたいの?
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

「にゃぁ…。」
「あぁもうどうしたの猫ちゃん?」

... "100350" を続けて読む

セリフのURL

このセリフは【 | , , , | 】に収録されています。

にゃははっ!むぎゅー!...んー、あったかいねぇ...私、君のほあほあ〜ってする匂いも、ぎゅーってしてくれる大きな腕もだあーい好き!
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

肉体から抜け出した魂は新たな器を求めて彷徨い歩く。
波長があった人間へと。ある日ある時から人が変わった様に感じるのはその為だ。
それは本人も気づかないうちに起こる。君は本当に"君"かい?
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。