題材の花
ツルバキア

以下、本文

このコート…あの人の香り…。
どうか…どうか無事に帰ってきて…!
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

題材の花
ツユクサ

以下、本文

私と貴方で…死ぬまで二人でセレナーデを奏でよう。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

月に降り注ぐ太陽の光を受け鋼鉄の機体は白銀に輝いていた 
その姿は僧兵の如く フードの様な頭部装甲から覗く眼光は鋭い 
牙の様に見えるマスクは凶暴さすら感じられた 
その身の丈程もある巨大で武骨なライフルを構えると銃口を我等に向けた 
白銀の僧兵が来た 我等を敵と見なして。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

冷たい手だった 触れば溶けるだろうか 彼女は笑っていたけど どこか儚くて悲しかった 
なぜだろう? 手を離したくなかった でもデートは終わり 僕も彼女も明日がある 「
また明日」 その言葉がどこか遠い 会いに行きたい 一緒にいたい 最後が来るその時まで。
セリフのURL

このセリフは【 | , | 】に収録されています。

月は満ちた。さあ逝こうか。
生き地獄と言う道を。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

使い古された愛の言葉…それでも私はあなたを欲する…もっと好きになって…もっと好きと言って…
触れたら崩れるほど…脆く使い古された言葉でも…それでも私はあなたが欲しいんだ…大好きだよ。

専用規約

このセリフには、以下の専用規約があります。

  • 人称(性別)変換はおk
  • 人称変換などに伴う語尾の変換もおk
  • 世界観が壊れない程度のアドリブアレンジは認めます

利用する時は、上記の規約を守ってください。

セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

月明かりが照らす夜はもの悲しくも幻想的だ。古来より月は不思議な力があるとされてきた。
それは何故か?その理由を解き明かしてみたいと思うようになり考え出したのはいつからだったか……。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

紡ぎ手、言の葉を舞い散らし形を成し、想いを繋ぎ行く。
それは思考の旅、願いや祈りに似たものになるのだろう。
そこに、紡ぎ手の想いをも乗せ行くのだ。
紡がれた言葉は、読まれ詩われなくては意味が無い。
人に向けた物なら、なおのこと伝えなくては生み出された言葉が浮かばれずに消えて行くだけだ。
セリフのURL

このセリフは【 | | 】に収録されています。

月の光よ、風に揺れる花よ。おだやかに彼の者の魔力を散らせ。ディスタブ・マジック。
セリフのURL

このセリフは【 | , | 】に収録されています。

月の光満ちる夜、全ては光に包まれる。
愛しき者に別れを告げ、今ここに生まれ出でん。
極大魔法、ルナティックアーツ!!
セリフのURL

このセリフは【 | , | 】に収録されています。